おバサカ速報

サッカーとなにかの話題


【サッカー】広州恒大、ブラジル代表FWロビーニョ獲得。中国5連覇&ACL制覇へ大型補強続く

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 18:54:22.89 ID:???*.net
中国スーパーリーグの広州恒大淘宝足球倶楽部は16日、サントスを退団したブラジル代表のFWロビーニョ(31)をフリーで獲得したことを発表した。
契約期間は6ヶ月間で、背番号は「60」に決定。また、クラブ側は同選手の契約満了時に優先的に交渉できる権利を取り付けた。

2002年にサントスに入団したロビーニョは、これまでレアル・マドリー、マンチェスター・シティ、ミランなどの欧州強豪クラブでプレー。
2014-2015シーズンはミランからサントスに期限付き移籍し、今年5月にミランとの契約を解除していた。

また、2003年にセレソンでデビューした同選手は、ドイツ大会と南アフリカ大会で2度のW杯出場を経験。
今月初旬までチリで行われていたコパ・アメリカ(南米選手権)のメンバーにも選出され、
準々決勝パラグアイ戦では先制ゴールを決めた(チームはPK戦の末敗退)。通算記録は90試合26得点。

なお、元ブラジル代表指揮官のルイス・フェリペ・スコラーリ監督率いる広州恒大は、月給100万ドル(約1億2000万円)という破格の金額をロビーニョに提示したと報じられている。
同クラブは今夏にトッテナムからMFパウリーニョ獲得に成功し、移籍市場最終日にもさらなる大物の補強を実現させた。

広州恒大は今季、国内リーグ5連覇とAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を目標にしている。ACLはすでに準々決勝へ駒を進めており、8月25日に柏とアウェイで1stレグを戦う。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150716-00010019-footballc-socc
フットボールチャンネル 7月16日(木)18時37分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150716-00010019-footballc-socc.view-000

続きを読む

【サッカー】サッカー界の絶滅危惧種 欧州で激減する「ワン・クラブ・マン」

1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 16:12:02.48 ID:???*.net
イケル・カシージャス、シャビ・エルナンデス、スティーブン・ジェラード、バスティアン・シュバインシュタイガー。
錚々(そうそう)たる顔ぶれのこの4選手は、今夏に新天地を求めたスター選手たちだ。彼らに共通しているのは、
いずれも母国のクラブで欧州チャンピオンズリーグ制覇を経験しているということ。30歳を超えて初めての
移籍であるということ。そして、全員が下部組織からクラブ一筋でプレーしていたチームの象徴的な選手だったと
いうことだ。
 
現在も代表選手としての活躍が期待されるスペイン代表のカシージャスとドイツ代表シュバインシュタイガーは、
それぞれレアル・マドリードから隣国ポルトガル強豪FCポルト、バイエルン・ミュンヘンからマンチェスター・
ユナイテッドと欧州内での移籍となった。

2014年ブラジル・ワールドカップを最後にスペイン代表から退いたシャビは3冠達成を置き土産にバルセロナから
カタールのアル・サッドへ旅立った。同じくイングランド代表を引退したジェラードはリバプールを離れ、アメリカの
ロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍した。

カシージャス、シャビ、ジェラードの3選手はクラブで主将の重責を担い、バイエルンの副主将だったシュバインシュタイガーも
ドイツ代表ではキャプテンマークを巻くなど、常に先頭に立ってチームを牽引する模範となってきた。クラブへの
忠誠心を持っつジェンドは、自国に残り愛着あるクラブとの対戦を望まず、キャリア初めての移籍で異国の地での
挑戦を選択した。
 
下部組織時代も含めれば、カシージャスとジェラードは25年間、シャビが24年間、シュバインシュタイガーは
17年間という長い時間を一つのクラブで過ごしてきた。キャリアの大半というだけでなく、人生の半分以上を
クラブに捧げてきた。
 
彼らのようにクラブ一筋のまま、キャリアの晩年を迎えているプレーヤーとしては元イタリア代表のフランチェスコ・
トッティの名前が挙げられる。9月で39歳を迎えるトッティは、1989年にローマの下部組織に入団。27年目のシーズンへ
向かおうとしている。
 
そのローマの”王子”は先日、伊地元紙「イル・メッサジェーロ」に対し「今年はここ(ローマ)にいるが、来年のことは
分からない」という言葉を残している。今季がラストシーズンを迎える可能性もありそうだ。

「ワン・クラブ・マン(一つのクラブでプレーを続ける選手)」はいまや姿を消しつつある。トッティに以外にもバルセロナの
アンドレス・イニエスタ(31歳)やリオネル・メッシ(28歳)、ローマのダニエレ・デ・ロッシ(31歳)らもクラブ愛を貫く選手として
知られるが、年齢的にはまだ引退は遠い。

フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ(元ミラン)やライアン・ギグス、ポール・スコールズ(元ユナイテッド)など、
かつてはクラブ一筋のまま現役生活終えた選手は存在した。

移籍が年俸を急激に高めるチャンスとなるために数年で移籍を繰り返す選手や、高額年俸などの好待遇でキャリアの
晩年に中東やアジアなどへ活躍の場を求めるケースが多い欧州サッカー界で、偉大な「ワン・クラブ・マン」は今後
現れるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150717-00010005-soccermzw-socc

続きを読む

スポンサードリンク
amazon
アクセス数
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログ内検索
カスタム検索
〒| ◇ヘ(・ω・`*)

非公開で管理人にメッセージを送れるフォーム

名前
本文
Kauli
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ